日本酒アドベントカレンダー 10日目 泉川純米吟醸ふな口本生【福島県/廣木酒造】

IMG_5494
全国的にも有名になったお酒「飛露喜」。この「飛露喜」を醸している酒蔵こそ、福島県会津坂下(あいづばんげ)二鎮座する廣木酒造さんです。

一時は廃業を考えたほどの酒蔵さんですが、今では全国各地にファンが廣木酒造さんのお酒を心待ちにしています。

「濃密な透明感のある、存在感のある酒を造りたい」その言葉どおりの酒質、存在感のお酒ばかりで、居酒屋で「飛露喜」を見つけたら、その居酒屋さんはアタリではないかと思います。

そんな美味しい廣木酒造さんの地元ブランドが「泉川」です。

たくさんのラインナップから1年でもっとも早い時期に新酒として醸されるのが「泉川純米吟醸ふな口本生」です。ふな口本生とは、お酒をしぼる「槽(ふね)」の口から流れ出る酒をそのまま瓶詰めした絞りたての生酒という意味。

しぼりたて独特のとてもフレッシュな果実感、そしてお米のウマミがまさに弾けるという、新酒ならではの味わいを堪能できるお酒です。

こちらのお酒、その年によって味わいが違い、ファンは毎年12月のこの時期を楽しみにしています。

お酒の情報
銘柄名:泉川純米吟醸ふな口本生
酒蔵:廣木酒造
原料米:非公開
精米歩合:55%